月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

東大の入試問題を解いてみた

ここ3日間ほど、暇の極みの王者として、
11時起床3時就寝、という不健康極まりない生活を送っています。

昨日は12時ごろから家の冷蔵庫の大整理をはじめまして、
(母が料理系の仕事をしているから、という言い訳のもと、めちゃめちゃ内容が多い)
終わったのがそれぐらい。うひー

今日も起きて、やることないなー雨だしなーって感じで、
おもむろに東大の過去問を解いていました笑

2011年の第1問。

f:id:hattys2:20151011124336p:plain

受験期ならこの問題を見た瞬間にアプローチを幾つか考えることができたのに、
たった4年間で老いぼれた脳みそには少しきつかったです。
自分の手の動かなさに愕然とした…


プログラミングの勉強を始めたせいか、ちょっと問題に対する考え方が変わった気がします。
なんでもわからないこと、覚えていないことがあったらすぐにググってしまう。

今回の数学の問題を解く時も、公式が頭からすっぽり抜けていたので、
ググろうとしている自分に気がつき、ハッとしました笑

公式を忘れた時は自分で導出する、と言うのが受験生のモットーです。
私もメモ用紙をたくさん使って必死に導出しました…

で、答えが出たはいいものの、
どっかで計算ミスをしたみたいで、不正解。
これ得点問題なのになー…


受験勉強って楽しかったな、とたまに思い返します。
勉強してることでワクワクしてた。
今までの中で一番脳みそを使ってた時期だし、毎日前進している感覚があって楽しかった。
大学に入って勉強が本当の意味での勉強になったはいいものの、
とてもつまんなくなってしまいました。
目標も持てないし、難しすぎて進まないし。悲しいなー


大学受験の数学は解いてて楽しいので、また脳トレとして解いていきたいです。笑