読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

大好きすぎてうずうずする

大好きすぎてうずうずする…この感覚、とってもいいですよね。
中毒にも近い、最高にハッピーになれるうずうず。




今日はそんな『大好きすぎてうずうずする"音楽"』の話!





…釣れた?!笑





実は私の趣味の中で、圧倒的なポジションを占めているのは音楽です。
小さいころから、習い事や部活、サークルと、ジャンルは様々ですがずっと音楽に接してきました。

だから語りだしたら止まらないので、このブログでは音楽の事は控えるようにしてるんですけど、
今朝聴いていた音楽が最高過ぎたので…語らせて下さい…


それがこちら


Guardian Of The Light  - Expanded

Guardian Of The Light - Expanded


George dukeのGuardian Of The Lightというアルバム。



www.youtube.com



もう…最高なんですよこれが!!


ジャンルはDISCOフュージョンといったところでしょうか。

タイトなリズムとキャッチーなメロディー。
もちろん決してありきたりじゃなく、George dukeの世界観満載ですが、妙に耳なじみが良い。

そしてなんといっても、Louis Johnsonですね。
私の最も敬愛するベーシスト!

もちろんスタジオ録音のCDなんですけど、スラップベースが生音みたいに響いてきます。
若干荒くてファンキーなのが気持ちいい。

Louis Johnsonのベースはyoutubeでのライブ演奏を聴くよりも、CD音源くらいのスタジオミュージシャン的な演奏が好きです。
ライブ演奏のスラップソロもすっごくかっこいいんですけど、歌メインで聞いている時はちょっとうるさい…



また、ドラマーはJohn Robinsonです。これまた最高…!


George duke大先生ももちろん最高です。

コード進行が気持ちい物ばかり。
たぶん、超日本人好み。笑

このアルバムを引き下げて、Live in Japanも行っています。

www.youtube.com


このアルバムの"Light"ではシンセサイザーの音で遊びまくっていて、すごく楽しいし、ストリングスがまた良い。



私はファルセットボイスフェチなんですけど、
大先生の声も特に好きです。

黒人ファルセット最高。

更にいうと、黒人ファルセットとスラップベースの組み合わせがもう大好き!!

コーヒーもバニラアイスも好きなので、コーヒーフロートだとさらに好き、みたいな感じ。


分かってもらえますか?この感覚!


かつてのDISCOブームの時はこんなフェチズムが蔓延していたんじゃないかなと勝手に想像しています。


George dukeLouis Johnsonも最近亡くなってしまいました。

ライブ行きたかったな…あと数年早くこの二人に惚れ込んでたらな…

Reach Out

Reach Out

Give Me Your Love

Give Me Your Love

Born to Love You

Born to Love You

Silly Fightin'

Silly Fightin'

Overture

Overture

Light

Light

広告を非表示にする