読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

ライブで「コピー曲を弾く」という幸せ

Music


今日、久しぶりにちょっと大きなライブに出ます。
サークルの企画で、フュージョンをやるバンドとDisco、Funkをやるバンド、それぞれ30分ずつ…!
(今日は忙しいので、この記事は予約投稿です。)


それに向けて、ここ2週間ほど、タイトなスケジュールでヒーヒー言いながらリハーサルをやっていたのですが、これが本当に楽しい!
曲が難しすぎて弾けないのが辛いけど、練習からすでに楽しい…!


そりゃそうですよ。
先人たちが作り上げた数々の名曲たちの中から、自分たちの好きな曲を好きなだけピックアップしてセットリストを組んでいます。
取り組むアーティストは、ある程度ジャンルが限定されているものの、多種多様。いろいろなアーティストのいいとこ取りをできるわけです。


一方。
先日、TOTOのライブを見ながら思ったんです。

hattys2.hatenablog.com

TOTOは言わずもがな名曲揃い。大ヒットした曲も多く、私たちもコピー曲したい曲が沢山あります。

彼らは年間膨大な量のライブをこなすだろうし、TOTOとして毎日楽器を弾いていると思うんですけど、
…飽きないのかな?って笑

多様な曲があるTOTOですが、やっぱりどの曲にも「TOTOな感じ」があるし、その感じがあるからこそ私はTOTOが好きなのですが、
たまには違った感じのをやりたくならないのかな。
多分、彼らもそのマンネリを感じないように、曲のアレンジを斬新にしてみたり、新しい方向性の曲を作ってみたりするんだけど、
どうしてもベースはTOTOなんだよなと、ライブを聴いてて思いました。


その点、アマチュアでかつコピーバンドばっかりやってる私は幸せです笑
基本はファンク、フュージョンばっかりだけど、たまにポップスやってみたり、ロックもやります。
いろんなベーシストのいろんな曲を弾けるから、難しくもあるけど全て新鮮で楽しい!


てな感じで幸せを感じつつ、今日のライブ、頑張りますっっ

広告を非表示にする