月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

オデッセイの原作『火星の人』を読みました。初Kindle!

hattys2.hatenablog.com


映画「オデッセイ」が面白すぎたので原作本を読みました。

原作本「火星の人」はアメリカの電子書籍「The Matrian」を翻訳したもの。
映画でも十分面白かったのですが、この本はそれを上回る面白さ!!本当に最高でした!


火星の人

火星の人


文庫で売ってるのかはわからず、早く読みたかったため、Kindleに手を出してしまいました。初のKindle


電子書籍ってどーなん?って思っていましたが、結果的に、この選択は大正解。


あんな本格映画の原作本なんだからさぞ重厚な本なのかと思いきや、ネタ満載のライトノベルでした。
漫画を読んでいる気分で読めます。


会話文や主人公がつけている日記部分はかなりジョークを挟みつつ、軽快なテンポで繰り広げられていますが、その内容はかなりの重さ。
主人公が火星で生き残るために様々な手段を駆使するのですが、その過程ととんでもない発想が事細かに書かれています。
内容は難しいけど、文体が優しいのでスラスラ読めてしまうという感じです。


やあああ…すっかりオデッセイの虜です。

みんなにこの映画を見て欲しい。本も読んで欲しい。
特に私のような左脳人間はただただハマると思います。


という私も実は映画館では見てないので、上映期間中に駆け込みたいなと思っています。