月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

ダーツの面白さがやっとわかってきた

たいていのスポーツは二つに分類されます。
「ガッツがあればどうにかなる系」と「ガッツは不必要系」…つまり、「体当たり系」か「的当て系」。


前者はサッカーみたいに相手と接触するスポーツで、テニスや水泳も含みます。
一方、後者はボーリングとか弓道とか、集中力は必要だろうけど、ガッツというより能力だけで完結してしまう競技。


私は運動神経があまり良くありません。基本的な体の動作が鈍くて、スポーツだけでなく、日常的な動作とか楽器の演奏とかでも「運動神経の悪さ」を度々痛感します。
logmi.jp


そんな私ですが、小学生の時、サッカーチームに入っていたこともあり、ガッツならちょっとはあります。
ボールを本気で追っかけたり、相手に向かって怯まずに立ち向かったり。
陸上競技も苦手ながらにも歯を食いしばって頑張るので、学校のクラスの平均以上の成績は出せます。


しかーし!
問題は「的当て系」。
あれは本当に自分の体の筋肉を上手にコントロールするしかありません。
こちらが圧倒的に下手。まーじで下手。
ボーリングではガーターを出さないようにだけ気をつける…その程度…
いくらガッツがあっても、こちらは完全に運動能力だけが勝敗に関わります。


先日、サークルの同期で旅行に行った際、旅館のゲームコーナーにダーツがあったのでやってみることにしました。
初めてのダーツ!
容易く投げるもなかなか1か所に集まらない羽を見ながら「簡単そうに見えるけどなー」と思っていた幸せな期間はここまで…


実際投げてみると…ダーツの板にすらとどきません笑
これは私の腕力が悪いのか…フォームが悪いのか…?
全然当たらなくて周りの人に散々バカにされるまくる始末…


やっぱり私には「的当て系」のスポーツは無理なのかと、本当に運動神経がないんだと、本気で落ち込みました笑


そして今日。
最近バイト先の人たちの間でもダーツがめちゃめちゃ流行っているのですが、私も初めて参戦することに!
全員、Myダーツを持っているほどのプロ。(ちなみにMyダーツは1万円以上かかる…)
対する私はダーツ歴2回目です。


1投目、私がダーツと言えない投げ方で矢を的に打ち付けているのを見るに見かねたベテラン勢が、寄ってたかって私を特訓してくれました笑
肘は動かさない!
振り子の原理を使って!
重心はこう!羽の持ち方はこう!
…細かく教えてもらったので、センスがないながらも必死に真似をしていました。


するとですよ!
一気に狙ったところに刺さるようになったんです…!
教えてもらった方法ですぐに上達しました!


それどころか、最後には1/6ぐらいの確率でBullに刺さるようになって、教えてくれた人たちに勝ったりもするほどに!笑
ここからは超たのしい!


ダーツって、ただ真ん中を狙えばいいだけじゃなくて、ゲームの種類によってはいろんなところを狙う必要があります。
最初は大きな丸にすら当たらなかった私が、最後には狙ったところを宣言してそこにうまく刺さるようにまでなっていました。
これ、本当に気持ちいんですよ!


絶対に向いていないと思っていた「的当て系」でここまでうまくなれた!という意味での嬉しさもひとしお。
少し自分に自信がつきました!


いやぁ…ハマる予感しかしない!!
Myダーツを買うほどまでのめり込まないようにしたいです笑