読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

TOEICだろうが受験だろうが、"英語の試験"には単語力があればいい

Diary

ブログをいろいろ巡っていて思ったんです。
TOEICで〜点取れた私の勉強法!!」っていう記事をめちゃめちゃたくさん目にしますが、
…なんかみんないろいろ手を出しすぎじゃない??


いや私のTOEICの点数は「ぼちぼち」なので、満点近く取ってる人に対しては偉そうなこと言えないんですけど、
なんか…効果がなさそうなのにアフェリエイト記事になっているものを見ると、「これを信じ込んでる人がいたらかわいそうだな…」なんて思うのです。


一応、その「ぼちぼち」のTOEICの点数と某有名私立大学受験を突破できた程度の英語力の私ですが、やっている勉強法は常に一貫しています。


で、私のシンプルかつとっておきの勉強法としては、どんな試験であっても、「単語帳と過去問だけ」だと思うのです。
単語帳は3冊ぐらいやりこみます。例文があれば全部しらみつぶしに覚えていきます。これは気合い。
単語帳は何がいいかと迷うところですが、一番「淡々と書いてあるやつ」。まぁ気合いさえあればなんでもいいとは思いますが…


わからない単語があると当然読むのは遅くなりますし、スラスラ意味が読み込んで、極端な話、全部脳内で日本語訳しちゃえばいいんです。
あとは日本語の読解に変わるだけ。急がば回れ。この方法が本当に有用だと思います。


リスニングが心配なら、過去問を解いた後に何度も覚えるまで聞き直す。これも気合い。
それを何回かやればびっくりするほどリスニング力が付いています。


ただーし。この方法では会話はできるようになりません笑
あくまで試験対策。

会話は英語圏の人とおしゃべりするのが一番てっとり早いかと思います。
私自身少ししか喋れないので、なんとも言えませんけどね…


hattys2.hatenablog.com

広告を非表示にする