月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

最近邦楽をないがしろにしていた懺悔

本題に入る前に…
知り合いは誰も見ていないと思っていたこのブログが知り合いに読者登録されている事実を知って、超絶恥ずかしくなりました。
昨日後輩から「お喋りしましょう♪」と誘われて、入ったカフェで「ブログ見てますよ!毎日更新してるのすごいです〜〜〜!」と言われ…急にとてつもなく恥ずかしくなったわけです。
でもそんな私のブログを読みつつもドン引きせずにお喋りに誘ってくれてうれしかったです。また喋ろうね。

そんな彼女も記事を書いていて、私と正反対の脳みそが活性化している素晴らしいテキストサイト風ブログなので、ここで紹介させていただきます。
nakayoku-kenka.hatenablog.com


さて。


大学に入り、ほとんど邦楽を聴かなくなりました。
サークルでやってる音楽が、古めの洋楽ばかりだったので、その辺のものばかり開拓していました。友達から教えてもらうのも自分でYoutubeを漁るのも…


だから邦楽を聴いたとしても今まですでに好きだったアーティストばかり。新しい邦楽アーティストを開拓する暇がなく(本当に暇がなかった問題)邦楽を聴きたい気分の時は東京事変とかaikoとか…高校の時にハマった音楽ばかりでした。


しかーし、私の知らないこの空白の4年間の間に、素晴らしい邦楽アーティストがたくさん誕生してるんですよね。
例えば吉澤嘉代子

www.youtube.com

なにこのワクワク感!

そしてこういう音楽を聞くと「うわ…すごく右脳だ…」と考えてしまう左脳コンプレックスの私。
音楽だけじゃなくて、このリリックビデオ!とってもいい…

にしてもこの人、不思議な雰囲気漂ってますよね…友達にいてもまともに会話できなさそうだけど友達になりたい笑

なんかデジャビュ感があると思ったら…チャットモンチーのえっちゃんをもっと強烈にした感じですかね…??


続いて、ポルカドットスティングレイ。
このリズム隊のキッレッキレのかっこよさ。
www.youtube.com

うわーうわーーかっこいいーー

こういうバンド系って、ボーカルだけ才能があってそこに付随する「無難にこなせる楽器陣」っていうのが多いじゃないですか。そういうのって聞いてるとボーカルのソロでいいじゃん、って考えちゃうんですけど、こういうバランスがいいバンドは本当にいいですね。
というか最近、楽器がうまいバンドが本当に多い…


最後に、南波志帆
彼女は自身で曲を作ることはないのかな?まだ詳しくはないのでよくわかりませんが、とても素敵な声の持ち主です。
様々な個性派アーティストから楽曲提供を受けていて、そのアーティストごとにいろいろな色があるにもかかわらず、すべてを彼女の個性を持って歌い分けています。どんな雰囲気でも彼女流に完成されていて本当に素敵。

…と思いながら、彼女のYoutubeを巡っていた翌日、ニューアルバムの発表があり、なんとあのブルー・ペパーズも楽曲提供していると…彼らどんどん活躍してるなぁ…
www.youtube.com


この3つのアーティストに衝撃を受けて、思わず記事を書いてしまいました。まだまだ邦楽を発掘せねば!

hattys2.hatenablog.com

広告を非表示にする