月曜からカタコリ

ハッカーにも画家にもなれない

過酷すぎる宿泊研修

一泊二日、河口湖のキャンプ場で宿泊研修をしました。
『着替えを大量にもってこい』というアナウンス以外はほとんど何も知らされないという、恐怖の研修でした。


その恐怖の予感は的中。
雨合羽とベトナムで買ったサルエルパンツがズタボロになり、私の足はあざだらけ、肩から腕にかけてのひどい筋肉痛がのこる、という現状でございます。


沢登り』というのをご存知でしょうか。
こんなかんじなのですが。

f:id:hattys2:20160415074054j:plain

…これをやったんです。

アクティブ派の人は楽しそう!と思いかもしれません。私もアクティブ派の一人なので、この写真を見る限りはやってみたいと思うのですが、
想像以上にきっっっっついですよ!!!きっつーきっつー


まず序盤は水温が冷たくて狂気を感じます。
滑る岩に悩まされ、あちこちぶつけながら進みます。
身長より高い岩を登らなければいけない時もあり、仲間と協力してクリアしなければいけません。

この沢登りの趣旨は、前日の座学で学んだいろんな考え方(ここでは割愛)を実践してみよう、というものなのですが、
その余裕がほとんど無い…それどころでは無い…

2時間半、必死に登りきってゴールしました。


嬉しいことに、GoogleTwitterや、その他大企業もたくさんこの同じ研修を行っているらしいのですが、
その中でも弊社チームはずば抜けて良い結果を出したらしいです!
さすがハイスペック軍団。私もその一員として恥じないように賢くならねばなと思っている次第です。


本当にきっつかったのですが、研修の内容自体は素晴らしいものでした。
私の中の考え方が大きく変わり、今日から実践してみたいことだらけ。
自分の考えの狭さに気がつき、いろいろな考えか他に感動しっぱなしでした。


研修の最後に、自分の生き方の核となる『ミッションステートメント』というものを書かされます。
せっかくなので私のミッションステートメントをここで晒します。

『人生をカラフルかつ躍動的に』
私は、常に周りの人の心の中を冷静かつ謙虚に感じ取り、親しみやすさとユーモアを持ちながら自分も含めたすべての人を楽しませるような日常を送りたい。
自分の好きなことに対して熱心に取り組み、要所で秀でている人になりたい。
立ち止まることなくいつも広い視野で世界を見ていきたい。


日々、これを読み返して、心に刻んでいきたいです。